スポンサー広告 > Steamでの動画配信方法についての解説
雑記 > Steamでの動画配信方法についての解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steamでの動画配信方法についての解説

本日のSteamβクライアントよりSteamを介しての動画配信が可能となりました。
軽く試したのでざっくりと説明を。
配信にも視聴にもSteamのアカウントが必要なのでご注意を。

まずは動画配信の設定から。(Steamクライアントの設定→Broadcastingからできます)

20141203_1
●Privacy setting
動画の公開範囲、それぞれ以下のような内容です
・Only friend that I invite(自分で招待したフレンドのみが見ることができる)
・Friend can request to watch my games(フレンドは配信の視聴要求ができる。要求を許可した相手のみ見ることができる)
・Friend can watch my games(フレンドなら誰でも動画を見ることができる)
・Anyone can watch my games(誰でも動画を見ることができる)

●Video Dimensions
配信時の解像度設定

●Macimum Bitrate
配信時のビットレート設定

●Show viewer's chat in game
視聴者のチャットをどこに表示するか

●Record my desktop when not in game
チェックをいれるとデスクトップ全体が配信されるようになります。
チェックなしだとゲームのみが配信されます。ゲームの手前に別ウィンドウが来てもゲームのみ映ります。

●Record and broadcast my microphone
チェックをいれるとマイク入力がオンになります。

●Show upload stats
配信中のビットレートやFPSが表示されるようになります。

配信設定後ゲームのプレイを始めたら自分のプロフィールページを見てみましょう。
ブラウザからSteamにログインすることをおすすめします。
Friend can request to watch my games以上の設定にしていれば、
下の画像の位置あたりに「Watch Game」というボタンがあると思います。
こちらをクリックしましょう。
20141203_2

以下の様な配信画面が表示されると思います。
誰でも見れる設定にした上でこのページのURLを人に伝えれば、Steamフレンドでなくても視聴できます。
また、誰かが視聴を始めるまで配信は始まらないので無駄な負荷がかかりません。便利ですね。
フレンドの配信が見たい場合はクライアントのフレンドリストからwatch gameを選ぶか、フレンドのプロフィールページに行きましょう。
3.png

Steamのゲームでないと配信できないのか?というとそういうわけではありません。(公序良俗に反すると配信をBANされます)
「Record my desktop when not in game」にチェックを入れた上で非Steamゲームを追加し、そのゲームをプレイすることでSteamに関係のないゲーム、いやゲーム以外でも配信することができます。
僕のオススメは「メモ帳」を非Steamゲームとして追加したあと、プロパティから「配信中」という名前に変えて配信を行う方法です。
この場合メモ帳を終了すると配信が終わってしまうので気をつけてくださいね。

非Steamゲームの追加は以下のツイートからご確認ください


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。