スポンサー広告 > ばりっとゲーム紹介:Mega Man 8-Bit Deathmatch(フリー:FPS)
フリーウェア > フリー:FPS > ばりっとゲーム紹介:Mega Man 8-Bit Deathmatch(フリー:FPS)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばりっとゲーム紹介:Mega Man 8-Bit Deathmatch(フリー:FPS)

今回は、海外の方が作ったFPS版8bitロックマン『Mega Man 8-Bit Deathmatch』を紹介します。

皆さんロックマンはよく知っていらっしゃるでしょう。
あどけない顔して片手からバキュンバキュンとサイコガンロックバスターを打ちまくるロボットが主人公の名作アクションです。
あの名作をFPSにアレンジしたのがこの「Mega Man 8-Bit Deathmatch」なのです。

MM8DM


紹介は続きから!


『Mega Man 8-Bit Deathmatch』は、名作FPS『Doom』を元に『ロックマン』風にアレンジしたMOD作品です。
『Doom』基調のシステム+プレイ感覚が『ロックマン』の世界観とよくマッチしています。
もともと『ロックマン』自体が飛び道具を打ち込んだり避けたりするゲームですから、スポーツFPSと相性が非常に良いのは当然と言えるでしょう。

武器は『ロックマン』らしくロックバスターをデフォルトで持っています。
(操作キャラの見た目を変更できるのですが、ガッツマンやヤマトマンなどにしてもデフォルト武器はロックバスターです(笑))
また、ステージ中に設置されている『ハイパーボム』『サーチスネーク』などのお馴染みの特殊武器を拾うことで切り替えて使用することが可能になります。
もちろんFPS向けにアレンジされた性能になっており、原作では似たような性能だった武器でも差別化されています。
弾切れになったらステージ中に散らばっている武器回復カプセルを拾うことで弾薬補給ができます。体力も同様に体力カプセルを拾って回復できます。これもロックマンらしくていいですね。

肝心なゲーム部分ですが、FPSにとって重要なマルチプレイはもちろん、シングルプレイも遊びつくせるようになっています。
シングルでは『ロックマン』各シリーズごとにワールド分けされたステージに臨み、いくつかのCPUとの勝負に勝利するとこれまたFPSにアレンジされたお馴染みの巨大ボスとの対戦が待ち受けています。
イエローデビルなど、シングル専用の巨大ボス戦はかなり盛り上がること間違い無し!


マルチプレイにおけるゲームパターンは以下の11種類と豊富に存在します。
・Deathmatch(デスマッチ)
・Team Deathmatch(チームデスマッチ)
・Last Man Standing (ランダムに選ばれた武器を使用したラスト・マン・スタンディング)
・Team Last Man Standing(チーム ラスト・マン・スタンディング)
・Possession(占領)
・Team Possession(チーム型占領)
・Capture The Flag(旗取りゲーム)
・One Flag CTF
・Terminator(ターミネーター)
・Duel(決闘)
・Instagib (メタルブレイドを殺す為に全てのロボットが瞬時に火を噴く)

僕もまだマルチプレイは経験したことが無いのですが、機会があれば是非やりたいところ。
マルチもシングルも遊びつくせるこの作品、FPSを敬遠していた方でも一度プレイしてみることをおすすめします!

↓ダウンロード・公式HPはこちら!(海外英語サイトになります)
『Mega Man 8-Bit Deathmatch』



↓トレーラームービーです!



↓武器紹介動画です!

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。