スポンサー広告 > 同人ゲーム紹介:『だんじょんぷらいむ!』
シェアウェア > シェア:RPG > 同人ゲーム紹介:『だんじょんぷらいむ!』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同人ゲーム紹介:『だんじょんぷらいむ!』

今回は「ノンリニア」様製作のローグライクライク・アクションRPG『だんじょんぷらいむ!』を紹介する。
ランダム生成されるダンジョンを探索するアクションRPGだ。
全くタイプの違う二人の主人公のどちらかを操り、ダンジョンをモリモリ攻略しよう。


DP1.png
レベルの概念は無いので、単純に強い装備を手に入れるためにダンジョンを探索することになるだろう。
ハックアンドスラッシュ好きにはたまらない。

↓ノンリニア様のHPはこちらからどうぞ
nonlinear_banner.gif




■だんじょんぷらいむ!のストーリー
二人で旅をしているヒナタホロンは旅の途中『エディーブ』という街にやってきた。
冒険好きのヒナタが喜び勇んで駈け出していってしまうが、その結果二人ははぐれてしまうことに。
親切なおばあさんからヒナタの行き先を聞いたホロンは森へ、ホロンの行き先を聞いたヒナタは洞窟へ行ってしまいさぁ大変。
いつになったらお互いが出会えるのか……。

■ローグライクライクアクションRPG(大事だから2回ライクと言ってるわけじゃありません)
『だんじょんぷらいむ!』はランダム生成されるダンジョンの踏破を目指すアクションRPGだ。
通常ローグライクと言うと『風来のシ○ン』のようなターン制のものが思い浮かぶだろうが、『だんじょんぷらいむ!』は完全なるアクション。
レベルの概念は存在せず、持ち込んだアイテムが即ち自らの強さになる。
強力なアイテムと自らの技術で恐ろしい敵に立ち向かおう。

ヒナタホロン
ゲーム開始時にヒナタホロンのどちらかを選び、選んだキャラのストーリーを遊ぶことになる。
ヒナタホロンでは戦い方が全く違い、装備できるものも限定される。
ヒナタは剣やナックル等の近距離攻撃が得意、近距離武器はカウンターが怖いものの使用回数に制限が無い。
ホロンは魔法が得意、魔法スクロールを使った攻撃には回数制限があるが安全に遠距離から攻撃できる。

■ハックアンドスラーッシュ
ローグライクといえば楽しいのはハクスラ。ハクスラといえばアイテム。
しかし『だんじょんぷらいむ!』ではダンジョン内で使用可能な消費アイテムは基本的に3つのみしか持込・持ち帰りができない。
が、消費アイテムとは別に素材アイテムをいくらでも持ち帰ることができる。
素材はダンジョン内での使用はできないが、持ち帰ることで錬金等に利用可能だ。
拾った消費アイテムが微妙でも、持ち帰った素材でより強いアイテムを錬金すれば良いということ。
また、リングという消費アイテムと別の様々な効果を発揮するアクセサリーも存在する。
消費アイテムとリングを組み合わせ、難関ダンジョンをクリアしよう。

■例え離れ離れでも世界は繋がっているのね
ヒナタホロンのどちらかを選んでゲーム攻略することになるが、当然そのキャラでは使えないアイテムが手に入る。
そういうとき皆さんは倉庫の肥やしにするだろうか?即店売りだろうか?
どうせ使えないので店に売ってしまう人が多いだろう。
が、待っていただきたい。
店に売るのは構わないがそこでもうひとつのセーブデータ、そう別のキャラを使っているセーブデータを開いていただきたい。
なんと、ヒナタで売ったアイテムがホロンのセーブのお店に売られているではないか。
そう、例えセーブデータが違っていても、お店に並んでいる商品は一緒。
世界は繋がっているのだ。
……買う側のお金は多少かかるがそれはしょうがない。


『だんじょんぷらいむ!』は現在メロンブックスDLにてダウンロード販売が開始されており、価格は1050円だ。
ハクスラアクションが好きな人にはおすすめしたい。

↓ノンリニア様のHPはこちらからどうぞ
nonlinear_banner.gif

DP2.png
ゲーム内のオープニングの一コマ。
このあと二人に悲劇(迷子)が起こるとは……

DP3.png
ヒナタは武器を使った戦闘が専門。
カウンターの危険はあるものの、いつまでも戦闘できる。

DP4.jpg
ホロンは魔法スクロールの扱いに長けている。
遠距離から強力な魔法で敵を攻撃できるが、使用回数に限りがあるのが難点。

DP5.png
ステージクリア時のリザルト画面。
ついついスコアを上げたくなってしまう。

DP6.jpg
ゲーム中では和やかな会話が沢山挿入される。
どんなバックストーリーがあるのか楽しんでみよう。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。